風俗業界の起源

一口に風俗業界と言っても、様々な産業がここに含まれます。
ここではいったん性的なサービスを提供するという部分にすると、その起源は巫女にまで戻ります。
古事記によれば、岩戸に隠れてしまったアマテラスを外に出すため、巫女が裸で踊り、それに反応して出てきたという逸話です。
このようにして巫女さんが最初の風俗の発信であり、神と交流することが、すなわち巫女さんとセックスをするという行為だったそうです。
遊郭が神社の付近に固められていた江戸時代などは、こういう所以があるからだそうです。
遊女はあこがれの存在で、更級日記にもかかれており、現代でも花魁などの職業はある面から見たら憧れの職業の一つでもあるわけですね。
こういう起源の風俗産業はそのうち接待からパチンコにいたるまで、いろいろなジャンルで営業許可制の産業へと発展をしていきました。

今回のテーマはずばり風俗産業とは?です。

女性を中心に考えると、キャバクラにはじまり、性的なサービスをするもの、ソープなどで本番行為が可能な施設まで、様々な形態が存在しています。
いつの時代も男性がそれらの中心となって女性との行為をたのしむという面は基本的に変わりませんが、逆の男性が女性を楽しませるというのも、今では当たり前になりました。

そういえばキャバクラで掛け持ちで働いている派遣社員と仲良くなったことがありましたが、正直トークも面白くないし、容姿も普通以下…といっては失礼ですが、オーラ的なものはありませんでした。



▼関連情報
性的なサービスをするソープやデリヘルといった風俗求人を掲載しています ... 風俗求人